2015年11月29日

公園で楽しくダンス

本日は、南花畑キッズのお友達と一緒に、近隣の公園で、楽しく遊びました八分音符ブランコや滑り台、鬼ごっこなど、時間が足りないぐらい、おもいっきり遊びましたにこにこKIMG1288.JPGKIMG1287.JPGKIMG1284.JPGKIMG1281.JPG
posted by キッズスタッフ at 02:35| Comment(0) | 保木間

2015年11月27日

一歩進んで二歩下がるって何?

こんにちは。
高田です。

先日、研修に来た大学生に質問されました。

一歩進んで二歩下がる。
これって全然進んでないのではないでしょうか?

確かに一歩進んで二歩下がって、また一歩進んで二歩下がったら一向に前に進んでいないですものね。
この文言だけは、全く意味が分かりませんよね。

でも、この言葉には、凄く簡単に理解出来る意味があるんです。

それは、私たち支援する側の心構えです。

子供たちに接する時、「今日できた事でも明日は出来ない事もあるし、更にいままで出来ていた事が急に出来なくなってしまうことだってある」という認識を持つ事はとても大切で、「一歩進んでも二歩下ることだってあるんだよ」と意味を支援員一人一人にしっかり認識してもらう為に考えた文言です。

この事を理解した上で、子供たちに接っしてもらいたい。
そして、子供たちに対して、ゆっくり、少しずつ色々な事を覚えていってもらいたい。
更にその成長に少しでも関われることを喜びとし、活動して行けるようになってもらいたいという思いが詰まっているのです。

もし、「一歩進んで二歩下がる」の精神を忘れてしまえば、「なんで昨日出来たのに今日は出来ないんだ」ということに繋がってしまいます。

これは子供たちにも支援する側にも精神的な負担になってしまいます。

だからこそ、私たちは、常に「出来ない事があって当たり前」「今日出来た事が明日も出来るとは限らない」という知識を持ち、子供たちに負担を掛けず、ゆっくり、少しずつ前進してもらうことが大切なんだと考えていますし、その事を忘れない為にも「一歩進んで二歩下る」の文言はキッズの森の精神として、これからも使って行きたいと思っています。

このブログで少しでも理解してもらえると嬉しいです(^^)

次回は「放課後等デイサービスと大人になった君たちへ」
というタイトルで、私の考える障がい者支援を記載したいと思います。
posted by キッズスタッフ at 15:56| Comment(0) | 代表だより